敏感肌の方は一体どのような洗顔石鹸を選ぶのがいいのか?

無添加、低刺激というキャッチコピーは、肌の健康を願う人を魅了します。

敏感肌の人なら、なおさらではないでしょうか?

敏感肌とは

角質層を構成するセラミドが減少すると、肌バリアは満足に機能できません。

バリア機能が低下した肌は外部刺激に極端に弱くなります。

ほんの少しの刺激でも不快に感じるのはこのせいです。

これが、敏感肌です。

先天的にセラミドが少ない肌質は、アトピー性皮膚炎を発症しやすくなります。

アレルギー性皮膚炎とは特定のアレルゲンに免疫抗体反応が起きる症状でセラミドとは無関係ですが、敏感肌には混在が見られます。

バリア機能が正常になれば敏感肌は改善するわけですが、過敏になった肌のケアはむつかしいものです。

洗顔石鹸の選び方

洗顔石鹸は、界面活性剤の種類に注意を払います。

界面活性剤は、洗浄、起泡、乳化、保湿などの作用を持っています。

洗顔石鹸も界面活性剤の一種ですし、自然界の中にも存在しているのです。

石油系の界面活性剤はNG

避けたいのは、石油系の界面活性剤です。

石油系界面活性剤は、機能が高く安定しているのですが、残留しやすい特性を持っています。

肌に残った界面活性剤はたんぱく質を分解し肌バリア機能を弱めますので、敏感肌の受けるダメージは大きくなります。

パッチテストは必ずする

また、敏感肌は個人差もあります。

植物由来とか天然成分とうたっていても、自分に合うかどうかを確かめてください。

使用前のパッチテストは有益な方法です。

合成着色料や香料は使用感や見た目をよくしますが、スキンケアの効果はありません。

 

同様に保存剤も品質安定の役割です。

無添加と表示されていると、安全=低刺激と早飲み込みしがちです。

何が無添加なのかをチェックしましょう。

着色料無添加なのか、香料無添加なのかという点です。

セラミド配合の洗顔石鹸

減少したセラミドを補うという観点から、セラミドを配合した洗顔石鹸を使うのもよいでしょう。

植物性オイルのホホバ油、オリーブ油、アボカド油含有の洗顔石鹸も効果があります。

お肌も過敏だけれど、そのことで神経も過敏になって毎日を過ごすのは辛いですね。

コマーシャルリズムに踊らされない敏感肌に最適の洗顔石鹸を理解できましたか?

ページの先頭へ