アンチエイジングを意識したスキンケアとは?

年齢を重ねた肌は、紫外線を多く浴びていて乾燥しがちです。

毛穴が目立つようになり、肌の新陳代謝の低下とともにシワやシミ、くすみといった悩みが出てきます。

また、顔全体がたるんでくるので、たるみ対策も必要です。

アンチエイジングには、こういった年齢肌特有の悩みを意識したスキンケアが大切です。

低刺激な洗顔料を使う

まず洗顔には、刺激が少なくうるおいを保つことができる洗顔料を使います。

肌をこすることで炎症が起き、シミやくすみになりやすいので、たっぷりと泡立てます。

指で肌を傷つけないようにやさしく洗いましょう。

 

30代を過ぎると、肌のターンオーバーが遅くなり、肌がゴワつきがちです。

週に1度はピーリング石鹸や化粧品を使うのも良いでしょう。

関連記事:敏感肌の方は一体どのような洗顔石鹸を選ぶのがいいのか?

基礎化粧品の選び方

化粧水や美容液は、保湿力が高く、肌への浸透が早いものを選びましょう。

乳液やクリームも、保湿した肌にフタをして乾燥を防ぐ重要なアイテムです。

洗顔後に素早くたっぷりと、こすらずに丁寧につけます。

化粧品は悩み、肌質に合わせて選ぶ

化粧品は、目的とする悩みや肌質に合わせて選びます。

例えば、保湿重視ならヒアルロン酸やセラミド、コラーゲンなどがあります。

シミやくすみ対策には、ビタミンC誘導体やコウジ酸、アルブチンといった成分が一般的です。

 

他にはリピジュアやアスタキサンチンといった成分も、エイジングケアに人気です。

しっかり保湿することで、肌に弾力やハリが生まれ、毛穴やたるみにも良いですよ。

顔だけでなく、首も年齢が出やすい部分ですので忘れずに保湿します。

紫外線対策

紫外線対策も忘れずに行いましょう。

関連記事:自転車に乗る場合の紫外線対策はどの様に行うと良いのか?

毎日の基本のスキンケアに加えて、シートマスクやパックを取り入れるのも効果的です。

ケミカルコスメとオーガニックコスメの使い分け

ケミカルコスメとオーガニックコスメの使い分けもお肌のエイジングケアにおすすめの方法です。

できてしまったシミなどにはケミカルコスメで集中ケアし、通常時はオーガニックコスメで肌本来の力を強めます。

オーガニックコスメは日本人の肌質に合わせて作られた国産ブランドがおすすめです。

関連記事:オーガニックコスメの超基本|国産ブランド一覧と買って良かった!おすすめコスメ

HANAオーガニックはオーガニックコスメ市場でも人気のブランドで私も日々のスキンケアに愛用しています。

ページの先頭へ