更年期障害・精神安定にもプラセンタは効果あるの?

女性は更年期になると、女性ホルモンのバランスが崩れてきます。

女性ホルモンのバランスが崩れることで、生理の周期が乱れてきてやがて閉経するのですが、更年期障害と言われるさまざまな症状で悩まされる方がたくさんいます。

更年期障害の主な症状

更年期障害の主な症状には、のぼせやめまい、肩こりなどのカラダに見られる症状と、イライラや落ち込みなどの、精神的な不安定が現れるようになります。

これは更年期に女性ホルモンのバランスが崩れ、脳内にあるドーパミンやノルアドレナリンを上手くコントロールできなくなるからです。

このような更年期障害による精神安定にプラセンタが効果あるとされています。

プラセンタの効果

プラセンタには、女性ホルモンのエストロゲンの分泌量を調整することができるので、ホルモンバランスを保つことが出来るのです。

更年期に入り、エストロゲンが減少することで脳内神経伝達物質であるセロトニンも減少していきます。

そのためにドーパミンやノルアドレナリンなどの感情物質をコントロールできなくなるのですが、プラセンタを摂取することで、それらがコントロール出来るようになり、精神安定につながるのです。

プラセンタ注射は保険が使える

更年期障害の治療のために病院でプラセンタ注射をする場合には健康保険が適用されるので、500円程度で注射することもあります。

美肌などの美容目的などでプラセンタ注射をする場合には、美容クリニックでは5000円以上はします。

健康保険が適用されることでかなり安くプラセンタ注射をすることができますよ。

ページの先頭へ